神奈川県 顎関節症・インプラント|相模原市の西川歯科医院
メニュー サイトマップ 診療時間・交通アクセス 初診予約 トップページ
トップページ
総合歯科診療について > 診断と治療の流れ

診断と治療の流れ

正しい顎関節の位置が治療の前提です

当院では、顎関節症の治療で受診される患者さんはもちろん、すべての治療において、顎関節の関節円板の位置が間違ったまま、虫歯等を治療しても意味がないと考えています。そのまま、虫歯に詰めものや被せものをしても、ますます、かみ合わせが悪化することが予想されるからです。

あくまでも、目標は“快適にかめること”です。虫歯や歯周病の治療、矯正治療やインプラントは、その実現のための過程でしかないと考えています。

顎関節症の種類

顎関節症は、大きく、顎外症と顎内障に分類されます。顎外症は咀嚼筋、関節包、靱帯などの障害、顎内障は、顎外症以外の、顎関節自体や、関節円板の異常なども含みます。顎外症か、顎内障かによって、治療の内容や、手順が変わってきます。

顎関節症の症型分類(顎関節学会)

顎外症
T型
咀嚼筋障害 咀嚼筋障害を主徴候としたもの
II 型
関節包・靱帯障害 円板後部組織・関節包・靱帯の慢性外傷性病変を主徴候としたもの
顎内障
III 型
関節円板障害 関節円板の異常を主徴候としたもの
(a.復位を伴うもの b.復位を伴わないもの)
IV型
変形性関節症 退行性病変を主徴候としたもの
V型
T〜W型に該当しないもの

顎関節症治療の流れ

顎関節症治療の流れ

顎外症の方の治療の流れ

  1. 顎関節症鑑別診断(ソフトスプリント)…顎外症/MPD症候群と診断
  2. 開口マニピュレーションによるエマージェンシー(緊急処置)
  3. 咬合調整
  4. スプリント療法
  5. 顎運動採得と咬合診断
  6. 中心位での治療
  7. 咬合の平衡
    • 選択削合と付形
    • 矯正治療
    • 保存修復
    • 補綴処置

顎内障の方の治療の流れ

  1. 顎関節症鑑別診断…顎内障と診断
  2. 顎関節症の徴候を診査し記録(触診、計測、咬合、パノラマ、MRI)
  3. 開口マニピュレーションによるエマージェンシー(緊急処置)
  4. 顎関節のX線診断
  5. スプリント療法(症状を軽減し、安定したかみ合わせをつくるための処置です)
  6. 顎関節規格撮影→顎誘導型スプリント(マニピュレーション咬合調整安定位をつくります)

以上の処置が有効だった場合、歯科治療を進めていきます。 かみ合わせが正常に機能している場合は、生体に調和し、きちんと機能するかみ合わせになるよう歯科治療を進めます。関節円板の形態に異常がある場合も、そのまま、生体に調和し、きちんと機能するかみ合わせになるよう歯科治療を進めます。また、歯科治療が必要ない場合は、経過観察をし、治療についてのご相談を受けています。

整体の先生と提携

不定愁訴の原因として、顎関節症を疑われて受診された患者さんでも、顎関節症やかみ合わせの異常が不快な全身症状の原因ではない場合があります。当院では、整体の山本尚司(やまもと・ひさし)先生に月に3回スペースをご提供し、歯科からのアプローチで改善しきれない部分の治療をお願いしています。

山本尚司(やまもと・ひさし)先生
運動連鎖アプローチ研究所所長・PT(理学療法士)
WEBサイト:運動連鎖アプローチ研究所

・歯科一般
・口腔外科
 ・顎関節症
 ・インプラント
 ・スピード矯正
・各種保険取扱

■住所
神奈川県相模原市南区
相模大野3-17-19 高橋ビル2F ■診療時間
10:00〜13:00/15:00〜19:30
■休診日
木曜・日曜・祝祭日

神奈川県 顎関節症・インプラント|相模原市の西川歯科医院