神奈川県 顎関節症・インプラント|相模原市の西川歯科医院
メニュー サイトマップ 診療時間・交通アクセス 初診予約 トップページ
トップページ
診療内容 > 顎関節症 > 顎関節症の治療 > リポジショニング型ハードスプリントの作成

リポジショニング型ハードスプリントの作成

こちらでは、リポジショニング型ハードスプリント(顎誘導型スプリント:M.I.C.)の作成過程について、くわしくご紹介しています。

サジタリウス3000によるX線撮影

リポジショニング型ハードスプリントを作成する際には、まず、顎関節規格撮影装置「サジタリウス3000」によるX線撮影をおこないます。

The Incidence Angle of X-ray(X線の投射角度)

Sagitarious 3000X-rays photography method(サジタリウス3000X線撮影技術)


Sagitarious 3000X-rays photography

関節円板の位置の決定
(The determination of condyle repositioning by tracing)

サジタリウス3000で撮影したX 線写真をトレースして、得られたデータに基づき、診断位に顎を誘導するためのハードスプリントを作成します。


日本人の正常咬合における平均的な関節空隙
(Japanese average space in nomal TMJ)

サジタリウス3000のX線写真をトレースし、顎の移動量を決定

ハードスプリントの調整

最後に、個別に前後・上下の顎の動きを咬合器で再現して、ハードスプリントの調整をおこないます。

顎関節症治療に戻る

・歯科一般
・口腔外科
 ・顎関節症
 ・インプラント
 ・スピード矯正
・各種保険取扱

■住所
神奈川県相模原市南区
相模大野3-17-19 高橋ビル2F ■診療時間
10:00〜13:00/15:00〜19:30
■休診日
木曜・日曜・祝祭日

神奈川県 顎関節症・インプラント|相模原市の西川歯科医院