HOME >  顎関節症

顎関節症

顎関節症について

顎関節症とは、顎関節や、ものを噛むときに使う筋肉、お口の中のかみ合わせのいずれかに異常があって、顎に痛みを感じたり、口が開けづらくなったり、不快な全身症状に慢性的に悩まされたりする、とても苦しい病気です。しかも、ご自分の頭痛・肩こり・耳鳴りをはじめとする全身症状の原因が、顎関節症・かみ合わせによるものとは知らず、対処できない苦しい症状に、精神的にも落ち込んだまま過ごしていらっしゃる方も少なくありません。

西川歯科医院は、快適なかみ合わせを取り戻すことをめざした総合歯科診療をおこなっております。顎やかみ合わせに異常を感じる方、ご自分の不快な全身症状は顎関節症・かみ合わせによるものかもしれない、と思われる方は、ぜひ当院にご相談ください。

20年間、頭痛、首・肩の痛みに悩まられた患者さんの治療の様子

20年間、頭痛と首・肩の痛みにお悩みのM.Yさんが、初めて当院に通院した時の様子です。顎のトレーニングを行うとすぐに顎の痛み、頭痛が解消されました。20年間の痛みが解消されたことにより、感激のあまり涙があふれるM.Yさん。顔全体の緊張がほぐれ、視界もひらけるようになったようです。1回目の治療はあくまで痛みをとるまでの応急措置で、根本的な要因と予想される、かみ合わせの治療を2回目の通院から行っていきます。

M.Yさんの通院2回目では、マウスピースを利用したかみ合わせの調整を行いました。M.Yさんは以前は寝返りをうつことさえ苦痛なほど、首の後ろが痛かったようです。1回目の治療以降、明らかに改善しており、首の痛みは少なくなったと話すM.Yさん。しかし先生は依然首の後ろにコリが残っていると判断され、M.Yさんの首の痛みをさらに軽くする措置を行います。すると診療終了時、マウスピースをつけた状態で奥歯をかみしめると、首を回し楽に後ろを振り返る事ができるようなったようです。

現在言われている顎関節症の原因

1)ブラキシズム
 「くいしばり」「歯ぎしり」「歯をカチカチならす」などのこと
2)ストレス
 ストレスやその他精神的な緊張のため、筋肉を緊張させくいしばりを起したり、夜間の歯ぎしりを起こすこと
3)偏咀嚼
 左右どちらか一方でばかり噛む(片方が噛みにくい、噛めない)
4)顎や筋肉に負担をかける癖や習慣
 うつ伏せ寝、頬杖をつく癖、あごの下に電話をはさむ、猫背の姿勢など
5)悪い噛み合わせ
 不良な歯列矯正や歯科治療により噛みあわせの悪さを招くこともある
6)その他
 歯の治療などで大きく口を開けた、顎や頸部頭などを強く打って顎関節や靱帯を損傷したなど

(顎関節症 日本顎関節学会より)

詳細はこちら

顎関節症治療の目安(保険診療/自費診療)

費用の目安
ハードスプリント作成の場合自費診療150,000円(税抜)(顎運動採動、顎関節レントゲン、CTを含む)
副作用・リスク
スプリントの装着を怠ると、治療期間が長引く場合があります。